プレホール施工歩掛


(財)建設物価調査会「下水道工事積算の実態」に準拠した、部掛を表に示します。

表-1 プレホールの施工歩掛

マンホールの呼び方
労力(人)
トラッククレーン
適用範囲深さ
(マンホール深さ)
備考
世話役
特殊作業員
普通作業員
小器材費
運転時間(日)
吊能力(t)
ミニ(楕円
0号マンホール
0.20
0.20
0.40
6%
0.20
4.8〜4.9
2.0m以下
1号マンホール
0.25
0.25
0.50
6%
0.25
4.8〜4.9
3.0m以下
2号マンホール
0.32
0.32
0.64
6%
0.32
4.8〜4.9
4.0m以下
3号マンホール
0.45
0.49
0.45
0.49
0.90
0.98
6%
0.45
0.49
4.8〜4.9
4.0m以下
4.0mを超え5.0m以下
4号マンホール
0.83
0.83
1.67
6%
0.83
15〜16
3.0〜7.0m
プレホール
工業会規定
5号マンホール
1.25
1.25
2.25
6%
1.25
25
3.0〜7.0m
プレホール
工業会規定


1)本歩掛は、ふた、枠の据付けを含みます。
2)適用マンホール深さの範囲を超える場合は、労力およびトラッククレーン賃料を下表により補正します。
(表-1の値に1m毎に下表の値を加算します)
3)トラッククレーンの吊能力は以下を標準とします。
  ・ミニ(楕円)、0号、2号、3号は4.8〜4.9t吊
  ・4号マンホールは15〜16t吊
  ・5号マンホールは25t吊

マンホールの呼び方
世話役
特殊作業員
普通作業員
トラッククレーン
運転時間(日)
ミニ(楕円)・0号
0.01
0.01
0.02
0.01
1号
0.01
0.01
0.02
0.01
2号
0.02
0.02
0.04
0.02
3号
0.02
0.02
0.04
0.02

※4号および5号マンホールについては、表-1の値に1m毎に0.05を加算補正します。

4)特厚形は、直壁の重量比で補正します。
 (重量比)1号:1.35  2号:1.27  3号:1.22

  ※特厚形の施工歩掛補正(例)
 (1号マンホール)(マンホール深さ10m)の場合

世 話 役
(0.25 + 0.01 × 2m)
((0.01 × 1.35) × 5m)
普通作業員
(0.50 + 0.02 × 2m)
((0.02 × 1.35) × 5m)
1号基準歩掛 1号補正値  補正深さ
1号補正値  1号重量比  補正深さ
標準の補正
特厚形分補正
(適用深さ5mまでの補正)
(適用深さ5mを超えた分の補正)