取付管と可とう継手


平成7年(1995年)兵庫県南部地震を機に、建設省(現国土交通省)では下水道施設の地震対策として、マンホールと管の接続には可とう継手を用いるよう提言しています。
日本下水道協会でも耐震対策として可とう継手の有効性を述べておりますが、ここでは次の3種類の性能等を記します。